パーフェクトワンのCMってぶっちゃけどうなの?【動画あり】

 

2014年のパーフェクトワンのCMには、モデルの井上可南子さんが出演しています。製薬会社らしい清潔感のある、洗練された画面が印象的です。井上可南子さんがコラーゲンのボールを操り、巧みなボールさばきを魅せてくれます。

コラーゲンが肌へ浸透していくしくみを、井上さんがボールを使い、表現しています。大小のボールを使った説明はとてもわかりやすく、かつ目を引きますね。女性らしい気品と美しさあふれる井上さんの、CGのようになめらかな動きが素敵です。

2015年のパーフェクトワンのCMには、橋本芽空さんが出演しています。こちらの橋本芽空さんもとても品があり美しい人で、肌にも透明感がありとっても綺麗です。

こちらのCMでは、コラーゲンの分子の大きさに焦点をあてています。まず分子の大きいコラーゲンは肌に入りづらい、という説明があります。そして、パーフェクトワンはそのコラーゲンをフリーズドライし小さくして、カプセル化したことをアピールします。小さくしたことで、コラーゲンが肌の奥まで入りやすくした、というCMです。

2つのCM、両者とも洗練された美しいCMですよね。目をひきますし、パーフェクトワンについてもしっかり説明・アピールできています。

 

パーフェクトワンのCMの評判は?

 

パーフェクトワンのCMの評判ですが、出演している女性が美しい、と話題になっています。気品があふれ、女性らしくしなやかな手や爪、白く透明感のある肌など本当に綺麗なんですよね。お二方ともあまりテレビで見かけることが少ないため、「この女性は誰だ?」と話題になったようです。

また、BGMや背景など、清潔感のある洗練された画面の作り方も評価されていました。確かに、製薬会社らしい綺麗なCMに仕上がっていますよね。なんとなくこのCMの雰囲気が好き、という方も多くいらっしゃいました。

この洗練された画面と、美しい女性が組み合わさることにより、美しく清潔感のある、綺麗なCMの雰囲気が出来上がるんですね。肌の角質層までコラーゲンを浸透させる、化学技術の雰囲気や、綺麗な女性、透明感のある肌になれそう、という感じがしっかり伝わってきます。

パーフェクトワンのCMは目をひきますし、もう一度見たくなる、という人も多いみたいです。CMの評判はかなり良いみたいですね。CMを見たことで、パーフェクトワンを使い始めた、という人も多数いました。

認知度を高めるだけではなく、パーフェクトワンに洗練された雰囲気や美しさを印象付けるためにも、とても効果的なCMだったことが分かります。

 

このページの先頭へ